グローバル女子大生日常(笑)

某国際系女子大生がぐだっているブログ

激マズ食材!?VEGEMITE(ベジマイト)の最高に美味しい食べ方

 
f:id:muu56:20170115192515j:image

 

日本人の口に合わない、むしろ激マズと有名な、

オーストラリアの国民的食材、VEGEMITEベジマイト

 

実は私、このベジマイトが大好物なんです。

 

オーストラリアに語学研修で6週間滞在した時には、毎朝欠かさず食べていました。

 

いつのまにかベジマイト無しでは一日を始められなくなるくらい、気づいたらハマってしまいました。

 

痩せ我慢ではありません。本当に好きなんですよ。

 

今日はベジマイト最高に美味しく食べる方法についてシェアしたいと思います。
(あくまで私流です)

 

そもそもベジマイトとはなんぞや?

 
f:id:muu56:20170115192622j:image

※チューブタイプもあります。旅行に便利!

 

ベジマイトとは、オーストラリア人(ニュージーランドでも食べられています)が愛してやまない発酵食品で、彼らはこれを毎朝のようにパンに塗って食べています。

ビールを造るときの粕が原料で、酵母エキスを原料としているため、塩分は高めですが栄養豊富といわれています。

が、日本ではかなり忌み嫌われている様子…
インターネットで検索すると、数々のベジマイトの食リポ記事を見ることができます。

特に最近多いのがYoutuberによる「激マズ! VEGEMITEを食べてみた」みたいなやつ。

人気youtuberさんたちも結構「おえー」とかいってそのまずさをアピールしてますよね。

中には罰ゲームとしてベジマイトを利用しているものもあります。笑

 

 

 ほんとうにベジマイトは不味いのか

 

確かにベジマイトクセのある味です。これは紛れもない事実。

なんだか妙にしょっぱくて、醤油と味噌を混ぜたみたいな臭いがします。

でも、きちんと食べ方を守れば、全然不味くないんです。むしろ好きな人はかなり好きだと思います。

クセになりますよ!

 

 

日本人の食べ方は間違っている!?

 

Youtuberさんたちの「ベジマイト食べてみた動画」を見ていて、

「こんな食べ方して美味しい訳ないだろ!!!」
といつもツッコミを入れたくなります。

 

彼らの動画を見ていると、

 

食パンを用意する

パンは焼かず、
ベジマイトを瓶からをたっぷりすくって
チョコレートクリームを塗るかのように塗りたくる

食べる

 

こんなの、ベジマイトの良さをすべて消して、悪いところを全面に出す食べ方です。

 

初めてベジマイトにトライする方、絶対にこんな食べ方をしてはいけません。

 

 

ベジマイトを選ぶとき

 

まず大切なのが、どのメーカーのベジマイトを買うかです。

 

実際に現地でメジャーなベジマイトは二種類あり

 


f:id:muu56:20170115193031j:image

↑下にB Vitaminsと書いてある方と

 

 ②
f:id:muu56:20170115193112j:image

↑下にKRAFTと書いてある方

 

この二種類が、オーストラリアのスーパーによく売っています。

 

今から買うなら、①のタイプをおすすめします。①の方が美味しい気がしているからです。

 

 

正しいベジマイトの食べ方 STEP1 パンは絶対にトーストする

 

まずこれ、スーパー重要ポイント。

 

パンは絶対に焼きましょう。

 

いつものバタートーストを作るときのように、カリカリで表面がきつね色になるまで焼きます。

 

 

 STEP2 焼いてから、バターをたっぷり塗る

 

トーストを焼いた後に、いつものバタートーストより少し多めにバターを塗ります

焼く前に塗ってもいいのですが、表面のカリカリ感を出したいのでできれば焼いた後に塗りましょう。

バターとベジマイト、すごく相性がいいんですよ。たっぷり塗ってください。

 

 

STEP3 ベジマイトを超薄く塗る

 

はいここ!!重要!!!!!

 

オーストラリアの白人家庭にホームステイしていたのですが、

ベジマイトをこよなく愛するオーストラリア人でも、日本のYoutuberのようにあんなに塗りたくりません!!

 

f:id:muu56:20170115193711j:image

(↑この画像、塗りすぎです。さすがにしょっぱそう。)

 

彼らに日本人の「ベジマイト食べてみた動画」を見せたところ、
「こんなにたくさんつけたら不味いに決まってんだろwwwしょっぺえよwwww」
「薄く塗るのが美味しく食べるコツだからな」
的なことを言っておりました。

 

感覚としては、醤油をかける時のように塗りましょう。
「塗り過ぎたらしょっぱいぞ」ということをいつも念頭に置いて。

パンの表面の白色が透けて見え隠れするくらいがいいです。

(↓ネットで拾った画像で申し訳ありませんが、個人的にはくらいががベストです。)

 
f:id:muu56:20170115192726j:image

 

 

さあ、食すぞ!

 

ついに究極のベジマイトトースト、完成しましたね!!

 

こんがり焼いたパンの香ばしいかおりに、サクッと噛んだ瞬間にジュワッと広がるバターと、ベジマイトの程良いしょっぱさ!

バターのマイルドさがベジマイトのパンチの効いた香りを上手く調和して、超クセになるお味です!

 

これぞ私をとりこにしたベジマイトの真骨頂。

 

毎朝でも全然いけます。

 

 

 まとめ

 

つまり、ベジマイトは、

こんがり焼いたパン+多めのバター+うっすーいベジマイト

この三拍子揃って初めて、美味しいんです。

ベジマイト自体が美味しいわけではありません!!←笑

 

一度に使う量がかなり少ないので、毎朝食べてもそんなにすぐに無くなるものではありません。

ある程度保存も利くのでご安心ください。

 

くれぐれもチョコクリームをなめるような感覚で、そのまま口に放り込んだりしないこと!!

 

以上、私のベジマイトに対する愛を語らせていただきました!