グローバル女子大生日常(笑)

某国際系女子大生がぐだっているブログ

「みんなネットで言っている」は「みんな」じゃない

こんにちは。みん五郎です。

ちょっとネットニュースを見ていて思ったことをメモしますね。

 

アナ雪地上波初登場ノーカット放送!

先日、アナ雪が地上波で放送されましたね。

私も一度TSUTAYAでレンタルして観たことはあったのですが、もう一度見たくなって録画して観ました!

やはり二回目となると一回目にはわからなかった小ネタや、シーンごとの隠れた意味などが見えて、面白さ倍増でした!!

一回目みたときは、「なんでこれが話題作?」って感じだったのですが、二回目に見て納得しました。思ってた以上に深いですよね、あの映画。

とくにオラフがもう・・・・かわいいし、ストーリー内での意味づけを何重にもすることができて、非常に興味深かったです。

 

だいぶ脱線しました。今日書きたいのはそのことではないんです。

 

「let it go」May.J 版が放送されなかった件について

聞くところによると、地上波初登場のアナ雪では、エンディングのlet it goも松たか子ver.に替えられていたそうです。

「May.Jのlet it goだって作品の一部なのにかわいそう。ノーカット放送と言っているのになぜ」

ネット上ではこんな声があがっていた、とネットニュースに書かれていました。

これは確かにかわいそうです。May.Jのlet it goが松たか子ver.に比べて人気が低かったのは有名な話ではありますが、「なかったこと」のようにするのはさすがにちょっと良くないのではないかと思いました。私も。

このニュースを見て、「あーやっぱりみんなそう思っていたのか」って感じました。

 

後日ネットニュース「フジテレビがエンディングソングに関して謝罪」

後日またネットニュースを漁っていたら、フジテレビがMay.J ver.のLet it goをカットしたことに関して言及したという記事を見つけました。

へーそうか、と思ってその記事を開いたところ、

フジテレビ「ネット上の批判は200件、電話は19件確認しております」

 

 

・・・・えっ??

少なっっっ!!!!!

 

具体的な件数を見たとき、本当に驚きました。

ネットで話題になっているというので、もっとみーんな言ってるんだと勝手に思っちゃってたんです。

 

みんながそう言っているように感じる「ネットで話題に」という言葉

お前がメディアリテラシーの低いアホなだけやろ( `ー´)ノと思う人がいらしたら、すんません。

でも、結構多くの人が同じように感じると思うんです。

自分の思っていることをgoogleの検索窓に打ち込むと、同じような考えを持つ人の意見がすぐにみられる時代。

「みんなそう思ってるんだ」と知って気持ちが楽になった経験があるという人もいるのではないでしょうか。

そのことに助けられているならば、いいと思います。全然。

 

しかし、日々刻々とネットニュースにアップされていく情報の「みんな」は、大して「みんな」ではないと思うのです。

ネットに書き込む人って、日本全国約1億2500万人のうち、ごく一部のある特定の種類の人間だけだと思うんですよね。

ネットの情報は、一部の人間の主観に過ぎないのでは?と感じ始めています。

 

Reading Only Member こそ、サイレントマジョリティ

ROM専という言葉を知っていますか?

Reading Only Member というフレーズの略で、「ネットやSNSに書き込むことはかなり少ないけれど、毎日のように読んでいる人々」という意味です。

日本ネット社会ではこの「ROM専」の割合がかなり高いそうですよ。

つまり、ネットに何か書き込む人間は、マジョリティーとは限らないのです。私も含めて(-_-;)

むしろ変な奴らの割合のほうが高いのではないでしょうか?(笑)

 

・・・・私も含めて(-_-;)(-_-;)

 

流されない自分になる

ネットの意見を見て、確かにそうかも、と思いがちですし、みんなが思っていることは真理のような気がしてしまうことがあります。

しかし、流されてはいけません。

まさに欅坂46「サイレントマジョリティ」の歌詞にもある

「One of Themになりさがるな」です!!

情報過多の時代だからこそ、自分の感じたことに敏感に耳を傾けていけたらいいなと思うのです。

何かを目にしたとき、「言葉にできないけど何か引っかかる」という自分の中にある小さな反応を大事にしたいですね。そのモヤモヤをもっと掘り下げ、広げ、うまく言葉にできるように粘ってみると、自分の意見っておのずと持ててくるんじゃないかなと思っています。

 

アナ雪の一件でちょっとこんなことを思ったので、まとめてみました。今日はこれで失礼します。

 

ではまた。